書誌レビュー一覧 1件~1件(全1件)

イメージ

同志少女よ、敵を撃て

逢坂冬馬著. -- 早川書房, 2021.
ISBN:9784152100641
総合評価:

1

お薦め本:展示【2023.7】

今から約80年前の3000万人の戦死者を出した独ソ戦のソ連(現在のロシアなど)を舞台に小さな村の少女が復讐するため狙撃兵として生きていく小説です。
戦争という人が生み出した魔物に翻弄されながらも狙撃兵として成長していく少女の心理を巧みに表現しつつ、戦争の悲惨さや残酷さの臨場感を感じさせてくれます。
この小説は、最初に手に取ると少しページ数が多く読み出しづらいと思いますが、少女の成長や戦闘の場面の臨場感があり、私も読み出すまでは少し時間が空いてしまい本棚に眠らしてしまっていたのですが、読み始めると面白く半日で読み終わってしまうほど世界観に没頭しました。
少女の成長、少女を取り巻く環境や戦争が登場人物に与える影響など、史実を背景に描かれる少女の物語は大変面白い作品です。少女が憎しみ囚われずに生きていけるのか、ぜひ読んで確かめて頂きたいです。


0人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。このレビューは参考になりましたか? はい いいえ